スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








我慢のしすぎがきっかけに

 どうしてこうなったのだろうか。ストレスと関係が深いことは分かっていましたが、まさか大変なストレスの数年後に症状が出てくるとはしらなかったのです。


 こんな症状が出る3年前、先輩社員の陰謀から、自分がそれをこなすことがあまりにも重責で早く帰れなくなるため、関係役員に手を回し、半世紀に一度の一大イベントを平社員である私が一人でやらなければならなくなったのです。


 辞令が降りた日以来、役職のある直属の上司達4人が定時にi帰った後、一人で最終電車に間に合うまで、仕事をやりました。

 

 もちろん、山のように仕事はありますので、自宅に持ち帰って帰宅後も夜中まで仕事をしました。

 

 また、夕食を食べる時間はないので、自宅に帰ってから毎晩ご飯にお茶をかけて流し込み、その間10秒です。


 ですから、寝ていても、まだやらなければならないことが夢に出て来て、飛び起きてはそれをメモしての繰り返しです。

 

 ほとんど寝ていないまま、朝起きて、また出勤です。


 土日の休日も、一人出社して仕事をこなしていました。

 

 そんな生活が続いたため、53キロの体重は男であるにも関わらず45キロまでやせ細ってしまいました。

 

 それでも、気力だけで、1年、2年と仕事をこなし無事一大イベントは終了しました。


 その仕事が終了して、気が抜けて、それまでは寝ても覚めても差し迫る仕事のことばかり考えていたのですが、終了と同時に何も考えることがなくなってから、パニック発作の始まりとなったのです。


 どなたかの発症したブログをよんだら、同じことが書いてありました。体が限界を超えているにもかかわらず頭は先走るため、体がついていけなくなるのでしょう。


 やはり、無理なことは「できません」と言わないと、後から自分の体に帰ってくるのです。

 

 









最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。